出会い系に依存してしまうと、こんな危険がある!

出会い系に依存して、気付いた時には、すごい金額を使っていたなんてケースも珍しくありません。

出会い系に他にも、ゲームにはまってしまい、課金地獄に陥ってしまったなんて話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

最近ではある程度は、規制されるようになりました。
以前であれば、小学生なのにすごい金額課金しているなんて話もありました。

このようなことは、ゲームだけじゃなく、出会い系でも依存すると、課金地獄になってしまう可能性もあります。

 

出会い系を使うためには、男性はポイントを購入して使うことになるので、課金しなくてはいけませんが、その課金の金額が生活に支障をきたすレベルで課金しているとんあると大変なことです。

なので依存をしてしまうと、出会い系のほうがタチが悪い状況になる可能性が高いと言えます。

 

なので、今回は出会い系に依存しないために、どうしたらいいのか紹介していきますので、何かに依存しやすいという人は、出会い系を使う前に目を通して見てください。

スマホ3

 

優良出会い系のほうが依存しづらい?

依存したくないなと思うのであれば、よくわからない出会い系を使うのではなく、優良の出会い系を使うようにしたほうがいいでしょう。

 

悪質な出会い系を使うと、取り返しがつかなくなりますが、優良の出会い系なら、たとえ依存してしまったとしても、被害に遭うことはないでしょう。

悪質な出会い系は、ユーザーに多くお金を使わせようとするのが目的なので、依存してしまうと悪質な出会い系の思うツボです。

 

出会い系に依存してしまう人は多いです。
出会い系は、リアルな世界とは違い、色んな人になんどもアピールすることができるだけじゃなく、理想の相手を見つけることも出来るので、素晴らしいコンテンツなんです。
そのため、出会い系にハマり、見境なく使ってしまうようになります。

 

 

また出会い系に登録している多くの人が、理想を求めて登録しているので、追及するあまり、制限が効かなくなっていきます。

初めは料金を気にしながら使っていても、多くの異性とやり取りをしているうちに、もっといい人を見つけられるんじゃないかと思い、次々違い人とやり取りをするようになります。

 

 

このような状況になってしまうと、出会い系から抜け出すのはなかなか難しいでしょう。

 

といっても、出会い系自体が悪い物ではなく、利用者自身の責任でしょう。

 

出会い系も商売には違いありませんが、利用者が判断して購入するので、依存するかしないかは、その人次第ということです。

 

悪質な出会い系は、依存させるために色々なサービスを提供していますし、ポイント自体が高いので、悪質な出会い系を使わないように気をつけなくてはいけません。

 

出会い系は、基本的にポイント制になっているので、課金しなくてはいけませんが、優良な出会い系は、良心的な料金なので、悪質な出会い系のようなことに花入ませんが、常に料金を気にしながら使うことが大切なポイントです。

 

 

出会い系を複数使っていると依存しやすい

何かに依存しやすい人でも、しっかり意識をしながら使えば、自然に使うことが出来ます。

 

でも人は、ずぐには変われないので、慣れると欲が出てきますし、依存しないように気をつけていても、何カ月も健全に使うことが出来たことに満足してしまい、「他の出会い系も使ってみたいな」と感じるようになります。

 

 

ここで、他の出会い系を使ってしまうと、破滅する一方と言っても過言ではありません!
普段何かに依存してしまいやすい人が、複数の出会い系を使うのは非常に危険なことです。

わかりやすくいうと、借金に似ています。


1社から借金していたけど、欲求が強くなり、他の所からも借金してしまう。
それがドンドン多くなっていき、気付いたら借金まみれになっていたなんてケースも少なくありません。

 

これは出会い系も同じで、複数の出会い系を使うと、課金するリスクが多くなってしまい、なかなか抜け出せません。

 

また出会い系では、サクラや業者、キャッシュバッカーからアプローチされるので、一般ユーザーをしっかり見極めることが出来ないと、さらに課金する確率が高くなります。

女性からアプローチをされたら、嬉しく思わない男性はいませんし、ハマってしまう人も多いでしょう。

 

 

またその喜びをもっと味わいたいと思い、複数の出会い系を使ってしまうのは、すごく危険なことです。

 

 

他にも、多くの人と出会いたいから、色々な出会い系を使おうとする人も要注意です。
多くの出会い系を使うよりも、1つの出会い系を使い極めて行けば、多くの人と出会うことは可能です。

 

複数使おうとすると、課金地獄になってしまう可能性と依存する確率が高くなるので、出会い系は複数ではなく、1カ所だけに絞って使いましょう。

 

 

出会い系は利用するものという考え方をする!

出会い系を使う目的が「暇つぶし」や「寂しさを紛らわせる」ためという人が多くいると思いますが、このような人は依存しやすい傾向にあります。

心のすき間を埋めるために出会い系に登録して使う人が多くいますが、すき間を埋めようとしている時ンオ心理状況は普通ではないので、いい出会いを見つけることが出来ないかもしれません。

 

 

このような人は、どんな相手でも受け入れてしまう可能性が高いので、課金してしまう可能性も高くなってしまいます。

 

寂しさを紛らわすために出会い系を使おうと考えるなら、使わない方が良いでしょう。

出会い系は、利用するものであり、依存するものではないということをしっかり理解しないと危険です!

 

 

もしも寂しいと思った時は、出会い系を使うのではなく、趣味などに時間を使うにしましょう。

このような時に、出会い系を使うのはとても危険ということを覚えておきましょう。
使いたくなった時は、他のことに目を向けるようにしてくださいね!

 

 

まとめ

出会い系に依存してしまうと、どのような危険があるかおわかりいただけたと思います。

依存してしまうと、いい相手を見つけたとしても、他の異性も気になってやり取りをしてしまうので、1人の人と親密な関係になりにくいでしょう。
これが依存の怖い所なんです!

 

1度依存してしまうと、なかなか抜け出すことが出来ないので、あくまでも利用するという姿勢でいることが大切なので、忘れないでください。

常に利用するという姿勢を意識していたら、依存しにくいと思いますので、依存しないように自分で工夫してみてください。

 

 

また複数使うと依存してしまう可能性が非常に高くなるので、複数使わず、1社だけにしてください。

依存しないで、いい出会いを求めてみてはいかがでしょうか。

 


ページトップに戻る