パパ活について

パパ活とは、簡単に言うとパトロンになってくれる男性を見つけ、生活を豊かにすることです。

若い女性の間で密かに流行ってしますが、危険ということも多くあるので、どんな危険性があるのか見ていきましょう。

 

 

パパ活の危険性とは?

パパ活は、食事やお茶をしただけでお小遣いをもらうことが出来ます。

食事やお茶をする仲なら、2人きりにならないので、危険に感じない人が多いと思いますが、このような仲であっても痛い目に遭っている女性がたくさんいます。

 

どういったことかというと、食事をしている最中に男性が席を立って、戻ってこなかったということです。

 

このようなことが起こってしまうと、男性は戻ってこないので、女性がそこの飲食代を泣く泣く支払わなくちゃいけません!

 

奥さんにバレそうになったから戻ってこなかったのか、会ってみたらタイプじゃなかったからいなくなったのかは、わかりませんが、どんな理由があったとしても、何も言わずにいなくなるという行動自体が紳士とは言えない行動です!

 

お金持ちと言っても、全ての人が性格が良いのかというとそうじゃないので、食事やお茶だけの仲のパパでも、このような危険性があるということを頭に入れておくといいでしょう。

おじさん

こんな危険がある!

〇男性に体を求められる可能性もある!

食事やお茶だけのつもりが、男性から体を求められる可能性もあります。 このような男性は、プロフィールやメールなどで、「食事やお茶だけしてほしい」と言って、女性を安心させて、いざ会ってお茶をしたら、ホテルに連れ込み体を求めたりします。

 

パパが社長の場合は、融通がきくお店がいくつもあるので、2人っきりになってしまえばあとはわからないので、そこで体を求めて来る酷いパパもいるので、とても危険なんです。 こうならないためには、食事だけと目的を明確にすることと、2人っきりになるような所には行かないとあらかじめパパに伝えておくと、あなたをヤリ目対象としないでしょう。 初めからヤリ目のパパであれば、ガードが緩い別の女性を選びます。

 

 

〇お金を盗まれる

パパ活で体の関係をありにしている人もいますが、そんな関係でもトラブルがあるんです。 というよりも体の関係があったほうがトラブルが起こりやすいと言った方がいいかもしれませんね! どうして?と思う人もいるかもしれませんが、それは2人っきりの密室にいることになるからです。

 

例えば、女性がシャワーを浴びている間にパパがお金を盗んだとか、逆にパパがシャワーを浴びている間に女性がお金を取ったなど言いがかりをつけてくるなど、金銭問題のトラブルが非常に起こりやすいんです。 その他にも、部屋に行ったら他の男性もいて、レイプされるなどの可能性もあります。 このようなトラブルに巻き込まれないためには、必要以上のお金を持って行かないことが大切です。

 

 

クレジットカードなどの貴重品は、家に置いていくなどした方が安全ですし、盗まれる心配はありません。 もしもお金を盗んだと言いがかりをつけてきた時は、「警察に行こう」と相手に言いましょう。そうすれば、男性は援助関係のため、警察に行くことを拒む可能性が高いです。 警察に行ってしまうと、会社や身内などにバレるかもと恐怖に思うので、言いがかりをつけてくる場合は、「警察」という言葉を言うのが1番効果的かもしれません。

 

またレイプされないためには、男性の自宅などには行かないようにするといいでしょう。 男性の自宅でレイプされたとなると、証拠をつかみにくいですが、ホテルであれば、従業員もいて、証拠を掴める可能性が高くなるので、自宅など、人の目につかないようか所に誘われたとしても絶対に行かないようにしましょう。

 

 

〇奥さんにバレる

パパ活の最大の危険は、男性の奥さんにバレることです。 パパ活の1番のトラブルは、奥さんにバレることといってもいいかもしれません。 もしもパパをしている男性の奥さんにこの関係がバレたとしてら、どうなると思いますか?

 

奥さんというのは、不倫相手には容赦ありません!

 

あなたに謝罪を求めてきますし、もう会わないことを約束させてきます。 これだけで済めばまだいいですが、奥さんは不倫相手に慰謝料を求めることが出来るので、慰謝料を求めて来る奥さんも多いのではないでしょうか。

 

慰謝料は年収の1年分と言われているので、そうなるとすごい額を奥さんに支払わなければなりません。 既婚者と知っている上で関係を持ったのであれば、悪いのはあなたですが、男性が隠している場合は、男性が悪いのですが、そんなことは奥さんには関係ないでしょう。

 

奥さんは離婚してもしなくても、慰謝料ウを求める権利があるので、バレてしまうと男性からもらったお金のほとんどは、奥さんに持って行かれます。 酷い時は、それ以上に支払わないといけない場合もあるということを覚えておいたほうがいいでしょう。

 

男性も出来るだけ奥さんにばれないように、最大の注意を払って行動していると思いますが、それでも女性の方が勘が鋭く、見抜く力があるので少し変な行動をしてしまうとバレる可能性があります。

 

 

〇パパからストーカーに

パパをしていた人を切り捨てたけど、パパの方が恋愛感情を持ってしまって、しつこく連絡をしてきたり、SNSなどを使い、住所を特定したりなど、パパからストーカーに変わってしまうという可能性もあります。 他にも、悪い噂をネットに流されたりなどの危険性も考えられます。

 

 

〇バックレる 会ったはいいけど、お金を払わずに帰ってしまうバックレをするパパもいます。 男性は女性との出会いを求めて出会い系を使っていて、ただ遊びたいだけで使っている人はほとんどいないと思います。 なので、お金目的の女性を見ると幻滅してしまい、お金を払わないで帰ってしまいます。

 

 

パパ活の注意点とは?

今度はパパ活をする上での注意点について見ていきましょう。

〇お小遣いの条件をしっかり確認する

トラブルを防ぐために、お小遣いの条件をあらかじめしっかり確認しておくといいでしょう。 もしも確認をしていて「確認多くない?」と言われてしまった場合は、「あらし心配性だから」と言っておけば流せるでしょう。 確認しないで何となく出会ってしまうとトラブルになる可能性があるので、必ず確認しておきましょう。

 

 

〇お小遣いを先払いしてもらう

お小遣いは、先に払ってもらったほうがトラブルになりにくいです。 パパの中には、「後で渡す」という人もいると思いますが、会う前にそれを条件にしておけば大丈夫です!

 

パパ活をするなら、いかに女性が安心・安全にパパ活をすることが出来るかが大切です。 お小遣いのことをあらかじめ決めておくことは、おかしいことではないので、会う前に決めておくことをオススメします。

 

 

〇怪しいと思うパパは早く切り捨てる!

怪しいって何?と思う人がいると思うので、いくか例を出してきます。 1つは、若くてイケメンなのに、パパ希望の人は少し怪しいと思いましょう。 若くてイケメンの男性で、パパ活をわざわざするという人はほとんどいないので、このような条件の男性をパパに選ばないようにしたほうが安全でしょう。

 

 

またパパ活の相場よりもかなりいい条件のパパも怪しいです。 条件が良いことは、女性にとって嬉しいことではありますが、もしかしたら冷やかしなどの可能性もあるので、嬉しく思うまでに怪しいと思うようにしたほうがいいでしょう。

 

 

パパ活の安全対策

パパ活には、色々な危険性があったことがわかったと思うので、これらの危険を防ぐために、安全対策法を知っておくことが大切です。 対策も大切ですが、それよりもまず先にすることは、男性の目的を明確にすることです。

 

出会い系をパパ活目的で使っている男性だけじゃないので、目的を明確にして、あなたの目的も伝えなくてはいけません。 確認をしないで会ってしまうと危険なので、会う前には必ず確認しなくてはいけません。

 

「どう確認すればいいの?」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、回りくどい言い方ではなく、ストレートに聞きましょう。 では早速安全対策を紹介していきます。

 

 

〇安全なパパ活が出来る出会い系を使う

安心安全に使うことが出来るのは、やはり男性が有料の出会い系で、運営会社もしっかりしている所です。 パパ活が出来る有名な出会い系は、PCMAXやワクワクメールなどですが、近年ではパパ活専用のアプリも出来たので、それを使ってもいいかもしれません。

 

 

〇信用・信頼できるパパ活の先輩を見つける

信用・信頼できるパパ活の先輩を見つけることが出来ると、色々な情報交換が出来て安全にパパ活をすることが出来ます。 パパ活をしている人で、ブログを書いていたり、Twitterをやっている人がいるので、そのような所から情報を得るといいかもしれません。

 

まとめ

パパ活には、色々な危険性があることがわかったのではないでしょうか。
男女の付き合いなので、トラブルが付き物ですが、自分がトラブルに巻き込まれる可能性を下げるためには、対策をしたほうがいいでしょう。
自分が出来ることがして自分の身を守りましょう。

 

また食事やお茶だけのパパでも、危険性があるということを絶対に忘れないでください。

パパ活をするのは自己責任なので、パパにする相手をしっかり見極めてからパパ活を始めましょう。

 

パパ活の危険性をしっかり知り、対策をすることで安心・安全にパパ活を楽しむことが出来るのではないでしょうか。

 


ページトップに戻る